【完成】アバン一周年記念ノベルティ

アバン企画展, 新商品|2020/09/28 posted.

こんにちは

愛知県岡崎市の select & remake used clothing

セレクトショップ abundantism (アバンダンティズム)

の樋口です。

今回は一周年記念ということでノベルティを製作しました。

その裏側をお届けします。

まず、なにを作ろうか

そもそも何を作ろうかという話までさかのぼります。

つくる上でのポイントは二つ

ノベルティのポイント

▶黒というテーマ

今回は黒がテーマなので、それに関連する意味で「黒歴史って面白いよね」という話が前々から出ていました。笑

『黒歴史の書』というのをnoteというサービスを使って発売するのですが、それにちなんだものをノベルティにしようと考えました。

▶もらって絶対嬉しい(邪魔じゃない)

まぁ、正直そもそもの話なんですが、もらってありがたいものにしたのです。

アバンは根底の考えとして、エコやサスティナブルを掲げています。使い続けていただけるものがいいです。

今までもらったノベルティで、

コインケースやポーチ、ハンドライト、ステッカー、ルームディフューザーなどありましたが、全然いらんし、むしろ今お気に入りのやつあるし。という経験がありました。

そもそも、ノベルティって販売しないのでそんなにコストもかけられないのです。となると、すんごいクオリティの高いものと並んだ時に確実に劣るし、使用されづらいです。

特にコインケースなんてそうです。

まずコインケース使う人なのか。というところから始まります。笑

そしてコインケースは基本一つしか使いません。たくさん持つ必要はない。

そしてもし、コインケースを持つ人がいたとしても、持つ人はおそらくすでに使っているコインケースがある。

ものを差し上げるときに意識するのは、たくさんあって困らないものです。

これ以上言うと、趣旨からずれそうなのでやめておきますが、とにかくノベルティとはいえ、販売されるものと比べてもクオリティも負けず、かつ、もらって絶対嬉しいというものを作りました!!

かなり自信作です!

どういう作りにしようか

ハンカチを作るにあたってのデザインのポイントを模索しました。

今回のノベルティは今まで(と、言ってもこの一年)関わってきた、ものづくりをしている方々とコラボレーションして製作をしました。

▶アバンマークの刺繍 ▶

いつもお世話になっている刺繍職人さんに施していただきました。

▶文字・イラスト

黒というテーマなので、黒で振り返る(厳密に言うと振り返りたくない)という意味で、黒歴史をハンカチに刻むことにしました。

アバンの失敗談を、面白おかしく表現できればと思います。

▶イラスト、ハンカチデザインは、幸福館デザイナーさんにご依頼させていただきました。

この一年でたくさんの方々と一緒にお仕事させていただきました。

“黒歴史”ではないですが、そんな背景も込みでこのノベルティが出来ています。

この絵の意味は文字とリンクしています。

▶文字・イラストはシルクスクリーン

文字とイラストはシルクスクリーンプリントで印刷しました。

この一年で多く関わった、手刷りのシルクスクリーンという技法

黒歴史を自らの手で戒め(いましめ)の意味を込めて刷り込みました。

いざ製作

それでは製作に入っていきます。

文字はグレー

イラストはホワイト

を使います。

一応、文字は非公開です。

ノベルティをゲットした方もしくは、黒歴史の書をご購入していただいた方のみへの公開といたします。

刷るだけでもめちゃくちゃ大変でした。

心を無にして、一心不乱に樋口とユカさんで刷り続けます。

無我の境地

続いてはイラストです。

とてもかわいくて気に入っています。

皆さま、何に見えますでしょうか。

終わるころにはユカさんは刷り名人になっていました。

そして、、、

完成

とうとう完成いたしました。

とってもかわいく、黒歴史を表現できました。

アバンらしく何事も面白おかしくアウトプットできたノベルティです。

こちらのノベルティは 3,000円(税抜)以上お買い上げでお渡しいたします。

こちらのノベルティは数量限定です。

無くなり次第終了となりますので、ぜひGETしていただけたらと思います。

黒展を是非お楽しみにしていてください!!

アーカイブ