【remake】switching work shirt ‐varruse‐

remake varruse work shirts

¥14,850taxin

-sold out-

かなりお問い合わせが多かったリメイクシャツのご紹介です。

プルオーバー仕様になっています。

デザインソースはエルメス・マルジェラ期の名作「ヴァルーズ」

引用:Martin Margiela for Hermes 1999

1997~2003年にエルメスのデザイナーを務めた時のマルタン・マルジェラが生み出したアイテムです。コンセプトは「女性が髪を乱さずに脱ぎ着できる」というもので、上から脱いでも、肩を外して下から脱いでもいいというデザインになっています。

素晴らしいデザイン。エルメス・マルジェラ期と言ったらヴァルーズというぐらいの名作。発明ですね。

私たちもマルジェラさんの作り出すものは大好きで、マルジェラさんには、それはそれはお世話になりました。(あ、子弟関係とかはありません。こちらの一方通行の片思いです。笑)


今回はその名作をリメイクという手法の中で表現しました。

ポイント

▷ヴァルーズをメンズのデザインに落とし込む

▷シンプルになりやすい夏のスタイルに少し違和感のあるアクセントを

さて、細かいディテールについてご紹介していきます。

ウエスト(上から4つ目のボタン)から前後に切り替えています。

前身頃のボタンはすべて外して留められないような仕様になっています。元あったボタンホールはすべて縫い合わせて塞いでいます。

前後後ろをスイッチするようなデザインにすることでプルオーバー仕様になり、かつ、後ろを開閉できるギミックにしています。

(ギミックっていう言葉の響きカッコよくないですか。って思いながら書いています。)

かなりオーバーサイズのシャツをリメイクしたのでゆったりと着ていただけます。

このゆったり感は後身頃のギミックがあってこそ。ギミックがね。

インナーはTシャツ一枚で十分決まります。

程よい違和感がこのシャツの魅力。

僕らはいかにもおしゃれでっせ~~~っていう感じのことを「やってます感」と呼んでいますが(具体的に言うと後々まずいので言いません)、いわゆるそれにならないリメイクを心がけています。

リメイクという手法は結構やってます感が出てしまうので、そうならない塩梅でデザインするのがアバンのリメイクです。(要するにカッコよくて着るときにワクワクすればそれでいいんですが、それっぽく語りました。ブログなんで語らせてください。ラセラセラ)

今回のリメイクシャツはかなりの自信作で、ありがたいことに即完売でした。

お問い合わせいただいた皆様、インスタグラム、ブログをご覧いただいた皆様、誠にありがとうございます。

このリメイクシャツは夏に向けてまだまだ製作予定です。

リメイクシャツなので全てが一点ものです。

今後作った際、インスタなどで情報発信する前に事前連絡させていただくこともできます。

ご希望の方はHPからメール

または

インスタグラムからご連絡ください!

(事前連絡をご希望されたからと言って、絶対にご購入しなければいけないわけではありません。)

▷instagram

https://www.instagram.com/abundantism_shop/

愛知県岡崎市のアパレルショップ。
投稿を作成しました 58

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る