2020-12-23

【SET UP EPISODE 03】発売、お客様のリアルな反応

こんにちは

愛知県岡崎市の select & remake used clothing

セレクトショップ abundantism (アバンダンティズム)

の樋口です。

とうとうアバンオリジナルセットアップが発売されました。

なんとオープン前から店前で待って下さっていた方もいて(衝撃)、とんでもなく嬉しいスタートを切れました。本当にありがとうございます!

開店直後の楽しい店内


それだけ熱量が伝わったのかなと思い、とても嬉しく感じました。SETUPはこの3日で半分以上が旅立ちました。ご購入頂いた方は、このSETUPのデザインを気に入って下さったのはもちろん、社会性の側面を持ったところにグッと共感いただけたようです。

今回はこのSETUPがなぜご好評頂けたのか、ご購入いただいた方の生の声などをお届けします。

このSETUPがなぜご好評頂けたのか

今回のSETUPは発売3日間の統計ですが

なんと、今のところ男女比ぴったし5:5でご購入いただいております。 

「ジェンダーレスで着る美しいワークウエア」

というコンセプトをまさに体現できました。

こんなにしっかりと男女に届くなんて驚きでした。

デザイン面でも曲線と直線の使い分けをしました。

正面から見ると女性的な曲線を描いた裾のライン

後ろは男性的な直線の裾のライン

こういった使い分けもご好評だったようです。

店内の様子

親子でご来店、母は試着。子は公園へ。

遊ぶ我が子を

見守る母。笑

とても気になっている。笑 愛が垣間見えました。

籠田公園前の立地はこれがいいですね。

話は戻りまして、

中でも、今回のセットアップで一番お客様のハートにグッと届いていたのは、前述の通り

「使われない生地を使う」

というポイント。

この取り組みには多くの方から共感のご意見を頂くことが出来ました。

僕がたらたらと書くよりもお客様のメッセージをご覧いただいた方が良いかもしれません。

それでは、どうぞ

【先程の投稿も読みましたが、私もここ5年ほどファストファッションをほとんど買っておらず、今年は服自体もほとんど買っていませんでした。ワンシーズンで着てボロボロになったから捨てるという流れが嫌になってしまい、買う時は「本当に必要なのか?環境に配慮されてるのか?ときめく物なのか?」と自分に聞いて、これから大事にしていけそうなものだけを買うようにしていました。

今日久しぶりにお伺いして、アバンさんの服、そして配慮された売り方(ショッピングバッグのリサイクルやレシートを出さないetc)をみて、本当に素敵だなぁと改めて思いました。

久々に全方面にきゅん!!!ときた服に出会えて嬉しいです。大島さん、樋口さんの服への愛が伝わってきました。大切に着たいと思います。ありがとうございました!】

これほどまで買い物を真剣に考えてくださっている方が、アバンを選んでくださっていることが本当に嬉しいです。

今の時代、本当にたくさんの選択肢があります。

大量生産の安物もあれば、高額な高級品質のものまで様々。

選択肢が多すぎたり、同じようなものがあふれていたり。我々消費者は何を選べばいいのかわからなくなってきている気もします。

そんな世の中の風潮の中、いちお店としてアバンができるものづくりは、消費者が買う意義のある服なのかもしれません。

そして、つくっている僕らもつくる意義があるものでなくてはならない。

大手セレクトショップみたいにオリジナルウェアを利益の為に海外生産で安くつくってそれなりの値段で売る。なんてことを僕らはしなくてもいいんです。

今回このSETUPをつくってみて、お客様から

「エコ、アップサイクル、サスティナブル、を聞いたことはあったけど、実際にやっているお店に出会ったことなかったんです!岡崎にあったんですね!笑」

と、おっしゃっていただけました。

サスティナブル系のコンセプトショップは最近ちらほら出てきてますが、日本でショップとして取り組んで、しかもオリジナルの服を使われない生地で作っているなんて言うところは、大げさに言ってうちだけかもしれません。

このメールのお客様のように、買い物への意識は高くても作り手・売り手が提案していないからどこで買えばいいかわからないという“買い物難民”の方がいらっしゃるのだなぁと感じました。

少量ではありますが、そんな方の買い物を肯定できるようなそんな服作りができたようです。

嬉しさのアバンポーズ

お客様より

これからは「かわいい」「かっこいい」だけじゃない他の価値観で買い物をする人が増えてくると思うんです。

と。

まさにこの通りで、これからのファッションはいかに背景(奥行き)があり、買うべきものだ!と思って頂けるものづくりをするかだと思うんです。

こんな言葉があるそうです。

近江商人が大切にしていた「三方よし」
「買い手よし、売り手よし、世間よし」

素敵な言葉です。

すべてを表している。

アバンに関わるみんながWIN WIN WINの関係になることを考え、服だけに留まらず動いてまいります。

このSETUPでアバンの色(イメージ)がグッと濃くなったのかなと実感しています。

SETUPはまだまだありますので、気になっている方はぜひ一度、袖を通してみてください。

今週末もお待ちしております!!

最新情報はインスタグラムをご覧ください。

▼インスタグラムアカウント▼

@abundantism_shop

https://www.instagram.com/abundantism_shop/?hl=ja

インスタグラムでは一番ホットな情報を発信しております。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA